ロマンス物ってどうだろう?

  • 2010/12/21(火) 00:01:12

以前クラスメイトに「ロマンス物は、簡単な言葉しか使ってないし、どの話も
パターンが一緒だから読みやすいわよ!」と助言をもらったことがあり
amazon.deで試し読みしてみました。

恋愛物が苦手で、何を選んで良いか分からなかったので
まずは日本語で情報収集。いや〜ファンの方の知識量は凄い!
色々と読んでみたくなってきました。

で、選んだのがLinda Howardの「Mister Perfekt」
※amazon.deにリンクしています。
Mister Perfekt

サスペンスの要素もあってとっつき易そうです。

冒頭の数ページだけしか読んでいませんが
(まだ主人公出てません・・・)
それだけでも使ってみたい表現が幾つかあって
意外な儲け物でした。

目先を変えるのもいいものですね。
図書館で借りてみようかな〜
表紙もシンプルなので恥ずかしくないし(笑)

キオスクやスーパーの片隅に、ハーレクインのラックがあるんですが
表紙がどれもこっ恥ずかしいんですよ・・・
あれって装丁変えるだけで売上あがると思うんだけどな。



クリスマスカード完成

  • 2010/12/20(月) 07:34:25

ご無沙汰しています。

「クリスマスには相方家族に刺繍のカードを贈る!」という
妙にハードルの高い課題を課したおかげで
この1週間ネットにも殆ど繋がず、学校の宿題もそっちのけで
チクチクとひたすら針を動かしておりました。

しかも、唯一ベルリンでV&Hの花糸を置いてくれていたIdeeが
いきなり取り扱いを辞めた為、糸が足りるかドキドキしながら
刺し進めるというスリル付。勘弁して・・・

時間がないので1色でデザインしたはいいものの
刺繍面積が多いという致命的なミスを犯してしまい
結果的に昨年よりも完成までに時間が掛かってしまいました。
なんとかクリスマスには間に合いそうなので
結果オーライだ!
(※本来はもうカードが届いていなくてはならない頃です・・・)


そんな中、本だけはしっかりと調達してきました。
運よく借りられたConniちゃんシリーズや
Dudenの易しい本、中世の本など色々です。
2月半ばまでに返せばいいので、全部読みきれるといいな。

DVDもクリスマス商戦で色々とゲット。
「ロード・オブ・ザ・リング」のDVD三枚組9,99ユーロ
Til Schweigerの「Zwei Ohr Kuken」4,90ユーロ
とりあえず買った「スーパーナチュラル1」16話分 9,99ユーロ
DDR時代の「DEFA」のメルヘンフィルム
「Drei Haselnüsse für Aschenbrödel」7,95ユーロ

「Aschenbrödel」は授業最終日に観て面白かったので購入
シンデレラっぽいお話です。ヒロインが勝気な感じで楽しい。
ドイツ人の評価も高くて、ファンページもあります。↓
Fanpage zum Drei Haselnüsse für Aschenblödel
※英語ページあり。英語版はシンデレラって書いてありますね。

他に購入した本も結構あって、しばらくは家に篭って
読書三昧の日々が送れそうです。むふふ。

Maurwurf und der kleine Vogel

  • 2010/12/10(金) 04:36:15

Maurwurf und der kleine Vogel
Maulwurf und der kleine Vogel
Patrick Benson 作、 Marjorie Newman 絵
12,90ユーロ (日amazon 1,613円)
2003年9月発行/ハードカバー・フルカラー
ISBN:978-3827050021(絵本)
ISBN:978-3827050311(ボードブック 7,90ユーロ)
ISBN:978-3827051479(ペーパーバック 8,90ユーロ)
Bloomsbury K & J  

Level:  ab  2  Jahre  32ページ 355語

 
 ある日、ひな鳥を見つけたMaurwurfは家に連れて帰ります。
 無事元気になった鳥を手放したくないMaurwurfは
 両親が止めるのも聞かず籠の中に鳥を閉じ込めてしまい・・・

「届いたらすぐ」と書いておきながら遅くなってしまいました。
ハードカバー版の「Maurwurf und der kleine Vogel」です。
書店に取りに行ってビックリ!サイズがでかい!
ボードブックは厚みはあるけどお手頃サイズだったので
一瞬途方にくれました・・・きちんと確認しろ自分

オリジナルは英語なのでご存知の方も多いかもしれませんね。
絵もお話も素敵な本です。

立ち読みだけで5回くらい読んでいるんですが
改めて読み直してもやっぱりいい。
最後は思わず涙ぐんでしまいます(涙腺弱い)
手に入れてよかった。

凄くシンプルな言葉ばかりなのにグッと来ます。
Maurwurfの「大好き」だからこそとってしまう行動は
お話の中だけではなく、あらゆる関係に当てはまると思います。
絵本だけど深いな。
この本はずっと手元に置いておきたいと思います。

難しい言葉は使ってないので
機会があれば是非読んでみてください。


Der Findefuchs

  • 2010/12/06(月) 04:56:13

Der Findefuchs
Der Findefuchs
Irina Korschunow 作, Reinhard Michl 絵
5,95ユーロ (日amazon 714円)
ISBN:978-3423075701
1986年5月発行/ペーパーバック・カラー(モノクロ絵もあり)
Deutscher Taschenbuch Verlag  

Level:  ab  6  Jahre  48ページ  約2,300語

 雌ギツネが、母を亡くした一人ぼっちの子狐を見つけました。
 3匹の子が待つ巣へ急いではいたものの、そのまま子狐を
 見捨てることもできず連れ帰ることにしますが・・・

こちらも3ヶ月ほど悩んだ末に、昨日ついに買ってしまいました。
ペーパーバックですが、紙の質感がとても良く、手触りも◎
書店で既にあらかた立ち読みしていて内容は知っているんですが
再読しても、雌ギツネの優しさにジンとしたり
途中、猟犬に追われる際にハラハラしてしまいました。

挿絵がまた繊細で良いんですよ〜。
カラーとモノクロの挿絵が交互に入っているんですが
この絵を見るだけでも楽しめます。

話中に敵役として猟犬が登場します。
雌ギツネがこの犬について思い浮かべるシーンがあるんですが
その描写が、子供の頃に読んだシートンの「銀ギツネ物語」に
出てくる凶悪な猟犬そっくりで、俄然キツネの味方になりました。
他にも意外な動物がでてきます。

お話自体は豊富な挿絵もあり、理解は容易かと思います
使われている単語も、6歳児向けと言うこともあり簡単です。
あれ?と思う所も1箇所あったのですが
もう一度読み直すとすんなり理解できました。

こちらから19ページ目(猟犬から逃げ切れるか?!という場面)まで
試し読みできますので、挿絵と合わせてぜひ見てみてください!
Der Findefuchs」 
この本を読んでいたら、シートン動物記を読みたくなってきました。
ちょっと探してみたいと思います。


Klopf an!

  • 2010/12/05(日) 00:00:14

Klopf an!
Klopf an!
Anna-Clara Tidholm 作・絵
7,90ユーロ (日amazon 954円)
ISBN:978-3446197749
1999年8月発行/ボードブック・フルカラー
Carl Hanser Verlag  

Level:  ab  2  Jahre  20ページ  122語


お家のドアをノックしてみたら中には…という絵本です。

ページが丸々ドアの絵になっているので
子供は実際にドアのページをノックするんだろうなと
思いながら読みました。
とか言いながら、私もノックしましたけど(笑)

文章はとても短く、Sieben KaninchenとかVier Affenとか
絵と照らし合わせながら、ちょっぴり数の勉強もできるように
なっています。
内容も絵から推測できるようになっていて
それ程難しくはありません。
「物語」と言う感じの本ではなく、本で遊ぶ感じかな。

部屋のドアを開けていくうちに、時間が経過しているのが
さりげなく分かるようになっています。
私はぜんぜんその辺りを意識せずに読んでいて
最後にエッ?!となりました。
読み返してみて、そうだよな〜とやっと気付いたうっかり者です。
じっくり絵や文を見るのって大切ですね。

---------------------------------------

今日Dussmann(書店)に行って、6月頃からず〜っと欲しいな欲しいなと
思っていた絵本を読み返してみて、やっと買うことに決めました。
ボードブックタイプの本なので今まで躊躇していたんです。
(場所とるから)
調べたらハードカバータイプもあったのでそちらを注文。
もっと早く買えばよかったな。
Maulwurf und der kleine Vogel
歳の所為か、読むたびに目頭が熱くなる本です。
(原作は英語)
届いたらすぐに紹介しますね。