相方両親訪伯中!

  • 2010/10/11(月) 04:50:28

ご無沙汰しております!

現在、風邪っぴき&相方両親がベルリンへ来ているので
そちらへ全力投球中であります。

もう1冊のNick Nase(凄く面白かった!)の感想や
Die roten Matrosenの経過等、色々とネタは溜まってますので
もうしばらくお待ち頂けたらありがたいです。

で、1年振りの相方両親との再会ですが
去年よりも会話ができるようになりました(嬉)
分からない箇所も相変わらず多いんですが
まあこれは想定の範囲内ということで。

今回は、私としてはかなり勇気を振り絞って
(比較的)積極的に話しかけてみました。
あいかわらず出鱈目ドイツ語の為、両親に通じないこと多数!
その度、相方が私の意図を汲み取って通訳しておりました。
(私のドイツ語は喋っている内に、語順が日本語になってしまうのです・・・)
なんだか、私のドイツ語力がUPしたのではなく
相方の出鱈目ドイツ語読解レベルがUPしたことを
まざまざと見せ付けられました(笑)ちっ。

でもいいの!
相方両親と喋っても、脇汗かかなくなったから!

相変わらずとても良い人達で楽しいです。
もっと色々理解できて話せたらいいのにな〜と思いました。
春には義姉家族が遊びに来るので、それまでに少しは上達したいです。

前回、私のドイツ語が下手過ぎて、子供達に「Wie bitte?」を
連発されたので、今度はリベンジしてやる〜!
私の目下のライバルは2歳の末の甥っ子です。
すでに彼の方が喋りが上手いのが悔しい(涙)

装丁って大事

  • 2010/08/22(日) 18:49:40

conni_wilde

先日購入した本達です。
Conniちゃんの12巻目と、一目惚れしたOskar Wildeのミニ本。
約11cm×7cmの手のひらサイズで、布張りです。
題字の部分がステッカーなのがちょっと残念ですが
可愛いのでいいや。
私以外にも、手に取って見ている女性が多かったです。

こちらの本って、一般的なハードカバーとペーパーバックの他に
装丁に凝ったミニ本が結構あります。
パッと見、オシャレな手帳にしか見えない本は
綺麗なだけでなく、携帯が簡単なので実用性もありそう。

種類も、ベストセラーから古典まであるので
いつか、鞄からこの本を取り出してスマートに読めたらいいなあと
夢想してしまいます。
プレゼントしても喜ばれそう。
日本でもこういうタイプの本を出せばいいと思うんですけど
コストが掛かりすぎるのかな?

Oskar Wildeの本に戻りますが
「幸せな王子」等4編の童話が収められています。
(だから買った)
タイトルが「Märchen to go」となっているのはご愛嬌

maerchentogo

挿絵は一切ありませんが、子供の頃読んだお話ばかりなので
読んでいると、頭の中に場面が浮かんできます。

Conniちゃん本は、今回の舞台がベルリンということで購入
知ってる場所が出てくるのは楽しいですね。
値段が高くて(8,50ユーロ)未だ上ったことの無い
Fernsehturmにも行っています。
そこでトラブルに見舞われることになるんですが。


最後にもうひとつ気になっている本をば。

Thomas Mann Mario und der Zauberer
Saemtliche Erzaehlungen 3. Mario und der Zauberer und andere Erzaehlungen
Thomas Mannの本なんですが、このシリーズの装丁が本当に素敵!
Moleskineの硬いタイプの手帳の様に、二角が丸く
硬くてしっかりとした表紙になっています。
で、ちょっとラメっぽくなっていて綺麗
写真では紙の質感とかが伝わらないのが本当に悔しい。

↓こちらでシリーズの他の本の表紙も見られると思います。
Thomas Mann (amazon.deへリンクしています))

Thomas Mann自体にまったく興味が無かったんですが
書店でこの本を見るなり「読みたい!この本欲しい!」となった私
Thomas Mannが原書で読めるほどドイツ語力が無いので
今回はあきらめましたが、装丁の力って凄いと思いました。

芥川龍之介や、太宰治の本をこういう装丁で出せば
絶対、手に取る人が更に増えると思うんだけどな〜。
私なら既に文庫で持っていても、買ってしまう・・・




近所の図書館

  • 2010/07/27(火) 00:00:23

近所の図書館

家の近所の図書館です。
写真が下手なのであまり綺麗に写っていませんが
最初に見た時、書店と一瞬勘違いした程
折々のディスプレイが素敵なんです。

こじんまりとしていて
いつ行ってもあんまり人がいません(笑)
朝から晩まで机を占領していても大丈夫そう。
係りの人も、の〜んびりとしています。

びっくりしたのが、閲覧室にお菓子&飲料の自販機があること。
持参したカップで買うこともできます。
(やったことないけど、たぶんそう)
普通、図書館では飲食厳禁なのでは・・・???
その場で飲食してもいいのかな???
私の中ではその辺りがまだ謎です。

あ、私が良く利用しているもうひとつの図書館
Amerika-Gedenkbibliothekでは勿論、飲食厳禁です。
(ここは図書館!って感じの雰囲気です)


この図書館、旧東ドイツ側に建っているので
DDR時代の児童書も豊富です。
私の好きなElizabeth Shawの作品も沢山ありました。

共産圏同士だったからか、中国で作られた絵本もあります。
(絵が昔のアニメっぽくて可愛い)

季節ごとに壁に架ける絵を変えたり
Berlinゆかりの作家のコーナーを設けてあったり
小さいけれど、とても居心地のいい図書館です。

大きなAmerika-Gedenkbibliothekと比べると
蔵書数でははるかに劣りますが
ついつい足を伸ばしたくなるお気に入りの図書館です。

ただ、夏休み期間中は午後13時開館なのが玉にキズ。
朝から開けて〜!


日本にいます

  • 2010/06/24(木) 05:15:04

ご無沙汰しております。

現在、日本で梅雨を満喫中でございます。
京都で早速、念願の吉野家と天下一品に駆け込んできました!
(他にやることはないのか・・・)

Conniちゃんの本やドイツ語の問題集を持参してはいるものの
予想通りまだ手をつけていません(笑)

7月にドイツに帰国するまで更新が滞ると思いますが
どうか気長にお待ちいただけると嬉しいです。

それにしてもどうしてドイツ対ガーナの試合を
放送してくれないんですかね(涙)
ネットでLivestreamを観ようと思っても
この90分まったく繋がらず、ラジオとLive Tickerで
地味にドイツを応援しています。

明日は試験です

  • 2010/06/11(金) 21:19:58

明日、DTZと言うB1レベル相当の試験を受けることになっています。
その所為でこの数日逃避行動が激しく、
ほぼ何もやっていないんですが(汗)
まあ何とかなるでしょう(と思いたい)。

練習問題を解いたところ、間違った箇所は全てケアレスミスなので
当日はアワアワせずに落ち着いて頑張ってきます!

この試験に受かると、講座の代金が半分戻ってくるので
とらぬ狸のなんとやらで、既に何に使うか妄想が入っています(笑)

相方が、私が欲しがっていた絶版本を
ネットの古書店で注文してくれていたんですが
昨日、その本が届きました。
うふふ。

中身の紹介はまた後日ということで
封筒に貼られていた切手をば。

Briefmarke


あの「もじゃペー」の絵本の切手です!
さすが古本屋さん、切手にも凝ってます。