Lenchens Geheimnis

  • 2008/10/01(水) 21:38:30


Lenchens Geheimnis
Michael Ende 著
ISBN 978-3126756150
Easy Reader

 両親に自分のことをちっともかまってもらえないLenchenは
 Fee(日本語だと「妖精」だけどお話の中では魔女っぽいです)
 から魔法の砂糖をもらって両親を懲らしめようとしたのですが…

久々にちょっと長めのお話を読んでいます。
(あ、まだ読み終わってません…今半分くらいです)
果てしのない物語やモモで有名なMichael Endeのお話です。
※初学者用にリライトしてあるのでご本人の文章とは
 たぶん違うとおもいます。

半分まで読んだところだと、結構Lenchen悪いやつです(笑)
これから両親と仲直りすんだろうな〜と想像しているんですが
どうなんでしょう。

今までも何度か読もうと思ってたんですが
このお話、最初の1ページ目がものすごく難しいんですよ!
少なくとも私には…(涙)

最初のページで本から拒絶されると
なかなか喰らいついていけないチキンな私。

今回は、たまにはPixi以外の記事を書かねばと思って
何度か目のチャレンジだったんですが
やっぱり1ページ目分かりませんでした…

ただ、投げ出さずに読み進めてみると
2ページ目からはすんごく簡単!
読み進めるうちに1ページ目も「あ、そういうことか!」と
後から理解できた感じです。

内容はやっぱり子供向けのものなんですが
Feeの発言等おもしろくて、楽しく読めています。

昼休憩に読んでいるので、1日で読み終われなかったんですが
時間がある方なら結構すぐに読破できると思いますよ。




この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する