Die Geschichte vom Löwen, der nicht schreiben konnte

  • 2013/03/01(金) 02:14:08

Die Geschichte vom Löwen, der nicht schreiben konnte
Die Geschichte vom Loewen, der nicht schreiben konnte

Martin Baltscheit 作
5,95ユーロ(日amazon:702円)
ISBN-13: 978-3407760562
2008年2月発行/ペーパーバッグ・フルカラー
Beltz & Gelberg

Level:  ab  5  Jahre  40ページ  約630語


 字が読めないことをまったく気にかけていないライオンが
 本を読む美しい雌ライオンに一目惚れ。周りの動物達に
 ラブレターの代筆を頼みますが、どれも納得のいくものではなく…


久し振りに絵本を読んだ所為かも知れませんが
すごく面白かった!
出版社のサイトで中身が見られますのでぜひ!
Die Geschichte vom Löwen, der nicht schreiben konnte
※別窓でビューワーが開きます


実は最初、立ち読みで済ませようかなと考えていたのですが
冒頭にちょっとだけ出てくる宣教師さんのくだりが
絵本でそれってアリなの?!とツボにはまり
気がついたらレジに並んでいました。

ラブレターを代筆した動物達が、それぞれの習性からくる誘い文句を
書いているのですが
そろいも揃って「○○を一緒に食べよう!」な内容で
色気が無いというか、野生動物らしいというか
思わずふきだしました。

ラブレターやライオンの台詞に、繰り返し同じ表現が出てきますし
絵でも手紙の内容を描写してあるので、内容を掴みやすいと思います。

業を煮やしたライオンがこう書いて欲しいんだ!!と
思いの丈をぶちまける場面は
彼の素直な気持ちが出ていて思わずじんとしました。

ラストもいい感じです。



この記事に対するコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 投稿者: -
  • 2013/03/20(水) 22:44:05
  • [編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 投稿者: -
  • 2013/06/30(日) 23:56:14
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する