Conni hat Geburtstag!

  • 2011/07/20(水) 22:35:07

Conni hat Geburtstag!
Conni hat Geburtstag!
Liane Schneider 作、 Eva Wenzel-Buerger 絵
9,90ユーロ (日amazon 1,194円)
ISBN:978-3551515858 ハードカバー9,90ユーロ
ISBN:978-3551516787 ハードカバー7,95ユーロ
ISBN:978-3551088925 ペーパーバック3,90ユーロ
2005年2月発行/ハードカバー・フルカラー
Carlsen Verlag

Level:  ab  3  Jahre  32ページ  約1,550語

 もうすぐConniちゃんの5歳の誕生日!幼稚園の友達を
 誕生会に招待することに。ママと一緒に招待状を作ったり
 カップケーキを焼いたりと張り切ります。

久しぶりに幼稚園Conniちゃんを読みました。
このシリーズの良い所は、ドイツの日常風景が
詳しく描かれているところ。
今回も例に漏れず、ドイツの誕生日パーティの光景が
目の前に浮かんでくるように、楽しく描かれています。

今回読んだのは上の写真のタイプの絵本だったのですが
恐らく、どのバージョンでも中身は一緒だと思います。

Conniちゃんはパーティにクラスの全員を招待したかったんですが
ママに「5歳だから招待するのは5人まで!」と言われてしまいます。
ほほう。そういうものなのかと相方に訊いてみると
そんなことはないとのお返事
大勢招待されてはかなわん!というママさんの
詭弁だったようです(笑)

この「5人まで(結局7人になったけど)」の縛りのせいで
招待されなかったお友達との間にひと悶着ありましたが
パーティ自体は工夫を凝らしていて凄く楽しそう。
Conniちゃんの両親が一生懸命準備したことが伝わってきます。
子供がいたら真似してみたいアイデアが沢山!
大人の私もちょっとワクワクしました(笑)

難易度は、語数も多くちょっと高めかと。
対象年齢3歳というのは、読み聞かせの場合だと思います。
絵がかなり詳しく描かれているので、そこから推量もできますが
初心者の方にはちょっと難しいかなというのが印象です。

個人的には、物語が終わった次のページに描かれている
Conniちゃんの両親の絵がお気に入りです。
一日がかりのイベントで疲れ切った両親が
スパークリングワインを片手に「やっと終わったー!!」
とばかりにソファで祝杯をあげているのが
すごくリアルな感じで、思わず噴出してしまいました。
これは読み聞かせをした親御さんへのサービスカットだな(笑)

Conniちゃんの両親の表情って、同じようなものが多かったので
ものすごく親近感を覚えました。
なんだかこの最後の1カットが一番印象に残っています。




この記事に対するコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 投稿者: -
  • 2011/07/23(土) 22:58:42
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する