Kleine Ente Nelli 他1冊

  • 2010/05/25(火) 22:34:34

Kleine Ente Nelli

Kleine Ente Nelli
Maria Wissmann 作・絵
6,95ユーロ (日amazon 963円)
ISBN:978-3815731864
2004年1月発行/ボードブック・仕掛け絵本
Coppenrath Verlag

Level: ab 1 Jahre  14ページ  88語


アヒルのNelliがお母さんを探す絵本です。
白鳥等の他の動物に出会って、最後にやっと・・・という内容です。
「ママですか?」「ママじゃなくて○○よ」という会話が繰り返されるので
質問&回答の練習?になります。

中身はこんな感じです。
Inhalt

amazon.deで拡大画像が見られるので
気になる方はこちらへどうぞ。(該当の画像をクリックしてください)  

パタパタ開け閉めできる仕掛けが付いていて、そこを開くと
会話が読めるようになっています。
文章も短く、絵を見れば内容が分かるので初心者向けだと思います。

表紙のNelliの羽が布でできていたりと、可愛いらしいつくりです。
ドイツでは、こういう触って楽しめるタイプの本が多いです。
(内容は難しいのが多いけど・・・)

他にもNelliが出ている絵本があったんですが
そちらは語数が増えていてちょっと難易度が上がっていました。
音楽CDも出ているので、結構メジャーなのかしら。



Antons ganze Welt

Antons ganze Welt
Judith Drews 作・絵
9,95ユーロ (日amazon 1,353円)
ISBN:978-3407793997
2010年3月発行/ボードブック
Beltz Verlag

Level: ab 2 Jahre  96ページ  147語

100語を超えているので、こちらに載せるか悩んだんですが
96ページの厚さで147語という語数の少なさ&単純さでこの「100語以下」のカテゴリーに入れることにしました。

日amazonの「なか見検索!」で内容を少しだけ見られますのでどうぞ。
Antons ganze Welt

基本的に、見開きの左ページに文(ほぼ4語以内)、右側に絵という配置になっています。
どの文も非常に単純です。
ただ、相方はあまり気に入らなかったみたいです。
というのも「Anton balanciert.」という文が出てくるんですが
(Antonが平均台の上でバランスを取っている絵が描かれています)
この「balancieren」という言葉は、小さな子供にはちょっと難しいので
違和感を感じるんだそうです。(多分フランス語由来)

じゃあ何ならいいの?と訊いたら言葉に詰まってましたが。

むしろ私には、balanciertってそのまんまの単語だな〜と
簡単に思えたんですが、ネイティブからみるとそうでもないんですね。

「Nelli」のように、物語になっているわけではないので
好みは分かれると思いますが、この単純さでページ数が多いのには心惹かれるところです。



この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する