Bobo Siebenschläfer macht munter weiter

  • 2010/04/21(水) 20:33:12

Bobo Siebenschläfer macht munter weiter

Bobo Siebenschläfer macht munter weiter
Markus Osterwalder 作・絵
5,95ユーロ (日amazon 810円)
ISBN:978-3499204166
1986年1月初版発行/ペーパーバック
Rowohlt Taschenbuch Verlag
fuxx!(児童書部門のリンク)

Level: ab Jahren 125ページ 約1,870語


やっと見つけたドイツ語多読の「やさしい本」!!

どこの書店でも見かける本なんですが
絵が好みじゃないので、今まで手に取ることがありませんでした。
が、読んでみて猛省!
これ、語数も少なくて、絵で説明しているのでとても分かりやすいし
難しい表現もないのでとても読みやすいです!
話も上手くまとまっています。

中はこんな感じです。
Bobo中身


まずは絵をじっくり眺めてから文を読むと
理解しやすいです。

この本は7つの章に分かれていて
Bobo一家のおばあさん家での滞在をメインに描かれています。
一応、お話の流れはありますが
それぞれ独立して読むこともできます。

すっかり気に入ったので、この本は自分でも購入する予定

ドイツ語多読で困るのが、易しい本の調達ですが
これはシリーズになっているのでありがたいです。
(紹介している本はたぶん2作目)
副題に「Bildgeschichten für ganz Kleine」と書いてあるのは
伊達ではなかった!

他のシリーズはこちら
一作目「Bobo Siebenschläfer
三作目「Bobo Siebenschläfer ist wieder da
四作目「Bobo Siebenschläfer wird nicht müde

ちなみにSiebenschläferとはヤマネのこと。
3年前にSiebenschläferがでてくるお話を読んだことがあったので
覚えていました。

当時も辞書を引いていなくて(面倒臭かったので)
「7年寝る人」って変な名前〜。三年寝太郎みたいなお話なのかしらん
と勝手に思っていました。
その後、相方と話しているうちに私の勘違いが判明して
Siebenschläferがヤマネだということを知りました。

正直なところ、この本の絵は微妙・・・(笑)
尻尾の長いクマにみえるなぁ。

車や背景、ゾウとか牛といった動物はきちんと描けているのに
なぜか登場人物だけが下手(笑)なのはどうして〜???
表情も時々場面にあっていなくて、ちょっと戸惑いました。
でも内容は読みやすく、ドイツ語多読初心者向けだと思うので
私のように絵で読まず嫌いせずに、ぜひ手にとって見てください!

最近、自分のレベルよりも難しい本を
無理して読んでいて、これはこれで面白いんですが
このBoboは久々にスッキリ分かる楽しい読書でした。

最近、「やさしい本をたくさん読む」ことの大切さについて
考える機会があったので、この本に出会えて本当に嬉しかったです。

こういうところからドイツ語が沁みていくのかな〜。



この記事に対するコメント

Siebenschläferって。

Sieben-schläferってことだったんですね!
なんか、長ったらしい名前だなー、としか、思っていませんでした。。
「ヤマネ」だと言うことは調べたので、知っていました。。
なるほどー。
だから最後にいつも寝るんですね。。。

実は・・・

こるもさん今晩は!
ちょっと気になったので辞書を引いてみました。
私が勝手に思っていた「7年寝る」ではなくて、7ヶ月冬眠するところからきているそうです。
7年も寝たら寿命がつきちゃいますよね…

>だから最後にいつも寝るんですね。。。
なるほど〜!だから寝ちゃうのかもしれませんね。
私は作者がオチに困って寝かせてるんだと思っていました(笑)

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する