はじめまして

  • 2007/09/22(土) 09:30:27

はじめまして、ぴーすけです。

学生の時に英語に挫折してはや幾星霜…
英語以外の外国語ならなんとかなるのではなかろーか!?と
淡い期待を胸になぜかドイツ語を始めた私。

ドイツ語の響きがセクシーだとか
キン肉マンでブロッケンJr.が好きだったとか
(ウォーズマンや阿修羅マンも好きでしたが)
誕生日がドイツ統一記念日と同じだ!とか
色々理由はありますが
とにかく昔からなぜか気になるアイツ(ドイツ)だった訳です。

とは言え、根っからぐうたら者の私。
文法は現在完了あたりから過去分詞が覚えきれずに怪しくなり
問題集を放置しては最初からやり直すという体たらく。

現地に渡れば何とかなるさ!と会社を辞め
ベルリンに行ったは良いものの、やはり言葉の壁は厚かった…!

帰国後リベンジを期してドイツ語に取り組むも
今年の猛暑の前には、私の熱意など歯が立たなかったのでありました。
部屋にエアコンないんで…

そんな中、英語多読を実践中の先輩から多読法を教わり

 SSS英語学習法研究会
 http://www.seg.co.jp/sss/

これなら気負わずにできるかも!と
ドイツ語多読を始めることにしたのでした。

ただ、ドイツ語多読用の書籍は日本では手に入りにくいので
厳密に出来ないかもしれませんが、のんびり楽しく続けることが
出来ればと考えています。

私の目標はUwe Timm氏の"Johannisnacht"を読めるようになること。
幸か不幸か訳書が出ていないので、自力で原書を読むしかない訳ですが
それがかえって未踏の地に足を踏み入れるような高揚感を与えてくれます。

こんないい加減な人間ですが
Uebung macht den Meister.の精神でやって行きたいと思いますので
よろしくお願い致します。


------------------------------------------------------------------------
2010年3月3日追記

私の多読のやり方

こちらをご覧になった方は、ドイツ語の多読に興味のある方だと思います。
(じゃないと此処にたどり着かないですよね。ランキング登録もしてないし)
人それぞれ多読のやり方があるかと思いますが
参考までに私の現在の状況&やり方を記しておきます。

ちなみに英語多読はやったことがありません(笑)
ほとんどの方は、英語多読から始められていると思うので
かなりの天邪鬼ですね。

そんなことは気にせず「ドイツ語多読」という獣道をスキップしながら
歩んでおります。
仲間はいなくても楽しいよ〜♪(空元気?)

------------------------------------------------------------------------
【ぴーすけのドイツ語レベル】

多読開始時:A1.1・・・ドイツ語レベルとしては一番下
ドイツ語知識:独学で「トレーニングペーパー」の文法中心学習1を修了

簡単な文法や単語、発音規則等は知っていました。

現在:B1.1・・・ドイツ語中級の初歩
ドイツ語知識:間違いだらけの複文が書ける様になってきた(笑)
ドイツ語で書かれた文法書をたまに使用

※授業では当然ドイツ語で文法の説明がなされるため
混乱を避けるため日本語の文法書は使わなくなりました。
------------------------------------------------------------------------

と言う訳で、私の場合まったく白紙の状態からドイツ語多読を
始めたわけではありません。
もし、まったく何の基礎知識もなしにドイツ語を始めていたら
1冊も読み終えずに止めていたと思います。

とは言っても、本を読むためにドイツ語を勉強していた訳でもないので
たまたま役に立ったというところでしょうか。

それと、語学学校に通いだしてから、目に見えて本の理解度があがりました。
始めた頃よりも速く読めるようになり、ドイツ語での読書がより楽しくなりました。

これについては、多読&ドイツ語授業の相乗効果だろうと思います。

だからと言って学校に通えという訳ではありません。
私の場合は、ドイツ政府によって語学学校に通うことが義務付けられており
避けて通れないだけなので(汗)
あ、でも学校は楽しいですよ。友達もできたし♪


------------------------------------------------------------------------
【SSSが提唱している多読3原則】

・辞書は引かない(引かなくてもわかる本を読む)
・分からないところは飛す(わかっているところをつなげて読む)
・つまらなくなったら止める(楽しく読めない本は読まない) 

------------------------------------------------------------------------
この多読3原則は、非常にものぐさな私にとってピッタリのものでした(笑)
特に辞書を引くのが嫌いなので、とっても有難い原則です。
もちろんほぼ100%この原則は守れています。

ただ、私の鉄壁の「ものぐさ」を上回るほどの疑問が出た時のみ
Googleのイメージ検索を使用するか、相方(ドイツ人)に質問しています。
ちなみに、ほとんどが固有名詞か、ドイツの慣習にまつわる疑問です。

逆に辞書を引くのは、授業中に名詞の性ないし変化形を調べる為か
書類を記入する時くらいです。



この記事に対するコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 投稿者: -
  • 2011/10/20(木) 23:48:22
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する