Conni und das Hochzeitsfest

  • 2010/07/30(金) 15:51:56

Conni und das Hochzeitsfest
Conni und das Hochzeitsfest
Julia Boehme 著
7,95ユーロ (日amazon 956円)
ISBN:978-3551554819
2008年2月発行/ハードカバー
Carlsen Verlag
Meine Freuindin Conni(Conniちゃんのページ)

Level: ab 7 Jahre 96ページ  約11,800語

 親友Billiの両親が結婚式を挙げると聞き、大興奮のConniとAnna
 大喜びで結婚式のお手伝いをします。一方、従兄弟のMichaelの
 両親の仲が最悪な状態になっていることを知らされ心を痛めます・・・


大好きなConniちゃんシリーズが珍しく図書館にあったので
すかさず借りてきました。
まだ読み終えていませんが、途中経過をば。

表紙だけをを見ると、ハッピーな感じのお話にしか見えません。
裏表紙のあらすじにも、結婚式のことしか書かれていないので
ロマンティックなお話なんだろうなと思って読み始めました。

Billiの両親がまだ結婚していなかったことや
いまさら結婚式なんて恥ずかしくない?というBilliの心配
結婚式に憧れてはしゃぐConniとAnna・・・
明るく楽しい雰囲気でお話は始まります。

ところが、ConniのおじAndreasの突然の訪問により様子が一変
こちらは夫婦仲が冷え切っていて、遅かれ早かれ離婚するのでは?と
シリアスな展開に。

驚くConni。

じゃあMichaelはどうなるの?!

Conniと同い年で仲の良い従兄弟のことが頭をよぎります。
そこへ当のMichaelが父親を追いかけてやってきました・・・


結婚に憧れる女の子の妄想爆発な部分と
両親の不仲に心を痛める子供の気持ちが交互に登場して
ちょっと混乱しつつも、話に引き込まれます。
が、離婚問題については、まったく予想していなかったので
かなり気持ちが沈みました・・・
知らずに読んだら、子供には結構きついのではなかろうか・・・

そんな中、結婚に憧れるAnnaの言動になごみます(?)
「Meine Hochzeit」なるノートを持ち歩き
自分の結婚式のプラン(ドレス、アクセサリ、式場はお城、招待客一覧等)を
書き込んであります。
そして、「Mein Bräutigam(私の花婿)」なるページまで!
そこには俳優や歌手といったハンサムでリッチな男性の写真が。
あきれるBilliとConniに
「こういう方向性で行くっていうイメージが大切なのよ!」と
力説するAnna。結構説得力があります。
書くと実現するっていいますしね。

なんだかんだで結局、Conniも家に帰るなり
同じようなノートを作っています(笑)

無事に結婚式は挙げられるのか
Michaelの両親はどうなるのか
続きを読むのが楽しみです。