近所の図書館

  • 2010/07/27(火) 00:00:23

近所の図書館

家の近所の図書館です。
写真が下手なのであまり綺麗に写っていませんが
最初に見た時、書店と一瞬勘違いした程
折々のディスプレイが素敵なんです。

こじんまりとしていて
いつ行ってもあんまり人がいません(笑)
朝から晩まで机を占領していても大丈夫そう。
係りの人も、の〜んびりとしています。

びっくりしたのが、閲覧室にお菓子&飲料の自販機があること。
持参したカップで買うこともできます。
(やったことないけど、たぶんそう)
普通、図書館では飲食厳禁なのでは・・・???
その場で飲食してもいいのかな???
私の中ではその辺りがまだ謎です。

あ、私が良く利用しているもうひとつの図書館
Amerika-Gedenkbibliothekでは勿論、飲食厳禁です。
(ここは図書館!って感じの雰囲気です)


この図書館、旧東ドイツ側に建っているので
DDR時代の児童書も豊富です。
私の好きなElizabeth Shawの作品も沢山ありました。

共産圏同士だったからか、中国で作られた絵本もあります。
(絵が昔のアニメっぽくて可愛い)

季節ごとに壁に架ける絵を変えたり
Berlinゆかりの作家のコーナーを設けてあったり
小さいけれど、とても居心地のいい図書館です。

大きなAmerika-Gedenkbibliothekと比べると
蔵書数でははるかに劣りますが
ついつい足を伸ばしたくなるお気に入りの図書館です。

ただ、夏休み期間中は午後13時開館なのが玉にキズ。
朝から開けて〜!