Der kleine Drache Kokosnus kommt in die Schule

  • 2010/07/24(土) 00:00:07

Kokosnuss kommt in die Schule
Der kleine Drache Kokosnuss kommt in die Schule
Ingo Siegner 作・絵
7,90ユーロ (日amazon 957円)
ISBN:978-3570127162
2004年3月発行/ハードカバー・フルカラー
cbj Verlag

Level:   ab  6 Jahre   72ページ  約3,450語

 今日はドラゴン学校の入学式!興奮するKokosnussは
 茂みの中に誰かが潜んでいるのに気付きます。
 それは誰からも恐れられているFressdrachenの男の子でした・・・

※かなりネタばれしています


前回読んですっかり気に入った
「Der kleine Drache Kokosnuss」シリーズ第2弾です。
今回も期待に背かず、すごく面白かった〜!

この巻ではFressdrachenの男の子Oskarが登場します。
最初に読んだ巻で、Oskarは友達として出ていたので
話が前後してしちゃってますね・・・こんなのばっかり(汗)

何でも捕食してしまうFressdrachenは他のドラゴンからも
恐れられていて、Kokosnussも最初はちょっとビックリしますが
子供のドラゴンだと気付いて声をかけます。

二人のちょっとケンカ腰のやり取りが微笑ましい感じ。

朝飯の代わりに喰っちまうぞ!というOskarに
お前に食べられるほど馬鹿じゃない。Feuerdrachenは
Fressdrachenと違って学校に行ってるから賢いんだぞと
応戦するKokosnuss

入学式が始まったためお開きになりますが
後日偶然二人は再会

そこで、「本当は、僕も学校に通って勉強がしたいんだ」と
悲しそうに打ち明けるOskar
Fressdrachenには学問は必要ないと、両親が学校に通うのを
許してくれないことを説明します。

同情したKokosnussは、Oskarの両親を説得しようとするものの失敗
(ここでOskarがアレルギーで肉が食べられないことが判明)
あきらめたOskarに、内緒で学校に通うことを提案します。

先生は初め驚くものの、Oskarを受け入れてくれたのでした。

毎日まじめに学校へ通うOskar
水泳の授業では「Fressdrachenは泳げないんだ!溺れちゃうよ!」と
パニックになりましたが、回をこなすうちに
クラスで一番のスイマーになって先生を驚かせます。

そして、みんなが楽しみにしていた2泊3日の遠足の日が
翌日に迫り・・・


Fressdrachenにとって「水に入る」即ち「溺れて死ぬ」と言う
固定観念があるようです。
これを打ち破ることにより、Oskarは両親の説得に成功します。

今回、主人公のKokosnussよりも、けなげなOskarの姿に
心を打たれました。いい子だわ〜。

このKokosnussのお話は、愉快な言い回しや会話が多いので
読んでいて何度もクスリとさせられます。
使ってある言葉もそれ程難しくないので
ちょっと長いお話を読んでみたい方にオススメです。

安価なペーパーバック版も出ています。
Der kleine Drache Kokosnuss kommt in die Schule.
5,95ユーロ (日amazon 701円)