Unsere liebsten Tierkinder 他1冊

  • 2010/05/05(水) 15:19:30

Unsere liebsten Tierkinder

Unsere liebsten Tierkinder
Rosemarie Künzler-Behncke 作, Amrei Fechner 絵
3,50ユーロ (日amazon 525円)
ISBN:978-3473312283
2008年6月発行/ボードブック・フルカラー
Ravensburger Buchverlag 

Level: ab 9 Monaten 20ページ 90語(仕掛け内の文字含まず)

ネコ、犬、豚、ウサギといった動物の子供が登場する可愛い絵本
各ページに仕掛けが付いていて、開くと更に続きが見られます。

「私の可愛い赤ちゃんはどこかしら?」とか
「一緒に遊ぼうよ」「いいよ、競争しようか」といった
短いフレーズが中心です。

立ち読みだったので、残念ながら仕掛けを開くことができなかったんですが
中はこんな感じです。
Tierkinder中身

仕掛けの文字も含めると、全体で180〜200語くらいかもしれません。



Emma isst

Emma isst
Jutta Bauer 作・絵
5,95ユーロ (日amazon 835円)
ISBN:978-3551167415
2009年4月発行/ボードブック・フルカラー
Carlsen Verlag  

Level: ab 1 Jahre 16ページ  68語

晩御飯にお魚を食べたり、スパゲティを食べてソースが飛び散ったり・・・
見開きごとに異なるエピソードが描かれています。

こんな感じ。変な写真で申し訳ない。
Emma isst 中身

語数はかなり少なめですが
韻を踏んであるので、結構難しいです・・・
例えば「Emmas kleine Zunge leckt. Ob wohl auch das Grüne schmeckt?」

右のページには、砂浜で日光浴しているEmmaがアイスを舐めている絵が。
「das Grüne」って何?と思ってさらに良く見ると
Emmaは3段重ねのアイスの、緑色の部分をペロペロしています。
これで、緑色のところも美味しいのか訊いてるんだなと分かりました。


2冊を比べると「Tierkinder」の方が易しめで楽しめるかと思います。
値段も安いし。