Das geheimnis der Mumie(Abenteuer mit dem magischen Baumhausより)

  • 2010/04/27(火) 00:01:22

Abenteuer mit dem magischen Baumhaus

Das geheimnis der Mumie
Abenteuer mit dem magischen Baumhausより)

Mary Pope Osborne 著 Jutta Knipping 挿絵
12,90ユーロ (日amazon 1,894円)
ISBN:978-3785565582
2008年6月発行/ハードカバー・4話合冊版
Loewe Verlag
Das magische Baumhaus

Level: ab 8 Jahren 342ページ
Das geheimnis der Mumie 72ページ 約4,700語

 マジックツリーハウスでエジプトへ飛んだPhilippとAnneは
 ピラミッドの中で、1000年の時を超えてさまよう女王Hutepiの亡霊に出会います。
 彼女を助ける為、「死者の書」を探す手伝いをする2人でしたが・・・
 

今日はマジックツリーハウス第3話目の「Das geheimnis der Mumie」です。
このシリーズ、自分でも怖いくらいにサクサク読めています。

実際に読んでみるまで、その本が自分に合うかは分かりませんが
「カエルくんとガマくん」といい「マジックツリーハウス」といい
英語多読で評価の高い本のドイツ語版を試すのは
なかなか有益だと実感しました。

さて、今回のお話は、Philippの活躍が光りました。
物怖じしないAnneも、さすがにミイラを見るのは怖かったようです。

それにしても女王Hutepi、ドイツ語で読むと気さくな人に感じます。
Philippにお礼を言う時も「Danke, Philipp!」だし。
日本語版だともっと慇懃な言い回しになりそうですね。


-----------------------------------------------
余談

以前、「尊厳の複数」について書いたことがありますが
ベルばらのDVDで頻出してしていますよ!

観る前に知っててよかった〜