Robert fährt im Bus zur Schule

  • 2010/03/18(木) 23:53:17

Robert fährt im Bus zur Schule

Robert fährt im Bus zur Schule
Rudolf Herfurtner 著、Wolfgang Slawski 挿絵
ISBN:978-3789105340
1997年発行/ハードカバー
Oetinger Verlag  

Level: ab 6 Jahren 63ページ  約4,700語

 6歳のRobertは秋から小学生。でも学校に行く必要なんかないねと
 思っている。字も読めるし、歌も歌える。大きな黒ナメクジを素手で
 捕まえる事だってできるんだもの!

「Sonne, Mond und Sterne」のレベル別読本です。
表紙のイラストと冒頭の描写から、生意気なガキわんぱく坊主の
トラブル話かなと勝手に思っていたんですが
読み進めるうちに考えが変わりました。

非常に良くできているお話です。
今まで読んだレベル別読本の中ではピカイチ!

以下さわりを書いておきます。
ネタばれしていますが、現在絶版になっているのでご容赦を。


なんだかんだで学校に通うことになったRobert
そして初めてのバス通学。
この3日間、両親が付き添ってくれていましたが
今日はいよいよ一人でバスに乗ります。

ところが、運転手さんが今までと違う人だったため
Robertは急に不安になります。
その上、工事のためバスは別ルートを迂回。
そんなことを知る由も無いRobertはすっかりパニックに!
無事学校へは着いたものの
二度とバスで通学したくなくなってしまいました。
(帰りは1時間半かけて歩いた)

そんなRobertにある申し出があって
再びバス通学に挑戦する羽目になります。
「いやだよ!バスに乗りたくないよ!」叫びたい気持ちの
Robertでしたが、結局バスに乗ることに・・・


Robertの心の動きが見事に描かれています。
読んでいるこちらも、Robertを応援せずにはいられません。
最後は思わずニヤリ。

なんで現在絶版になっているのか不思議です。
もう一冊彼がでてくるお話があるので
こちらも読んでみようと思います。