An der Arche um Acht 読了!

  • 2010/03/11(木) 00:06:23

An der Arche um Acht

An der Arche um Acht
Ulrich Hub 著、Jörg Mühle 挿絵
6,95ユーロ (日amazon 982円)
ISBN:978-3423713924
2009年11月発行/ペーパーバック
Dtv Deutscher Taschenbuch Verlag
dtv junior (児童書部門)

Level: ab 7 Jahren 96ページ  約12,000語


An der Arche um Acht」読み終わりました。
(前回の記事はこちら)

面白かった〜!!

対象年齢は、小学生Conniちゃん本と同じ7歳からですが
それよりも随分と難しく感じました。

つまずく箇所が多くて、面白いのにも関わらず
読むのに時間が掛かってしまいました。
題名通り、ノアの箱舟でのドタバタを描いているので
表現になじみが無いものがあるのかもしれません。
(判断できるほど理解できているわけではないので・・・)

それでもやっぱり、感想を聞かれると「面白かった〜!!!」って
答えちゃいます。

テンポがすごく良いし
頻出する神様ネタも笑えます。
でも、結構良いところついていて
そうだよね〜と頷いたり。

登場人物(?)の3羽のペンギンと
太ったハトのキャラクターが立っています。

このメンバーの掛け合いが絶妙!
挿絵のイラストも本当にピッタリで
絵を見るだけで笑ってしまうくらいです。

ノアの箱舟の話をこんなにおちゃらけにしちゃって
大丈夫なのかしら。
この辺り、キリスト教徒の良い意味での奥深さを感じます(笑)
いじれるくらい身近というか、なんというか。

もっとドイツ語が上達したら
絶対に読み返したい本です。
きっと更に楽しめるハズ!

一応児童書に分類されていますが
そうと感じさせない内容です。

この本も文句なく面白かった!!
そして、また一つ悪い言葉を覚えました(笑)
(ためし読みできる部分で出てくる言葉です)

ちなみに朗読CD(ただし「Hörbuch」ではなく「Hörspiel」で60分弱しかない)も
あるんですが、試聴してみるとイメージがかなり違ってた・・・
図書館で借りることができれば、聴いてみたいと思います。