Ich hab eine Freundin,die ist Buchhändlerin

  • 2010/02/18(木) 23:47:12

Ich hab eine Freundin,die ist Buchhändlerin

Ich hab eine Freundin,die ist Buchhändlerin
Birgit Bergander / Franziska von Strotha作、Ralf Butschkow 絵
95セント
ISBN:978-3-551-04026-8
Pixi-Bücher

Level: 不明 24ページ 約630語

 Anne-Marieの誕生日プレゼントに、私はお気に入りの本をお揃いで
 贈る事に。本屋さんには仲良しのKatjaが働いていて、お目当ての本を
 注文してもらいました。

最近Pixiばかりでスミマセン。
今回の本は「お仕事シリーズ」で、他にも婦人警官、消防士、救急医、ゴミ回収業者等のPixiが出ています。

この本では書店で働くKatjaを通して
書店での仕事内容や、注文した本の物流について知ることが出来ます。

本のディスプレイや営業さんとのやり取りの他に
子供向けに、書店でお泊り会(!)なんてものも催しています。
これってドイツでは普通なんですかね〜???
子供の頃活字中毒だった私には羨ましい企画です。
いいな〜。

大体想像のつく仕事内容だったので
個人的には可も無く不可も無いお話でした。
難易度はConniちゃんシリーズと同じくらいです。

「書店の物流は郵便よりも早いと」書いてありましたが
実際、書店で16時くらいまでに注文すると翌日には届いてるんですよね。
amazonで注文するよりも早く届くので、値段が同じなら専ら書店を利用しています。
自分で取りに行く方が手っ取り早いし。

私の地区の配達担当者って、在宅していようがいまいが
集合ポストに不在者通知を入れて、近所のお店か個人宅に預けるのが普通で
戸口まで持ってこないのが当たり前
もう慣れましたが、個人宅に伺うのはいつも脇汗かきます・・・
知らない人との会話がまだまだ苦手なので(涙)

は!愚痴になってしまった!
ごめんなさいね。

でも、このご近所に預けるシステムって
古き良き日本の香りがして嫌いじゃないです。緊張するけど。

私のおススメの書店はThalia(http://www.thalia.de)

ここの書店員さんは皆さんとても親切で(よそは無愛想な人が多い)
本が好きなんだな〜と伝わってきます。

本を買う時も「あら、いい本選んだのね。それおススメよ」とか
「楽しんでね!」と気さくに声を掛けてくれます。
(それがまた緊張するんだが・・・)
更に、時々5ユーロ分のクーポン券をくれるので
それに釣られて、ますます利用頻度があがっております(笑)


Entdecke das Krankenhaus

  • 2010/02/18(木) 05:14:44

Entdecke das Krankenhaus

Entdecke das Krankenhaus
Simone Nettingsmeier 著、Anne Suess 絵
95セント
ISBN:978-3-551-05780-8
Pixi-Bücher

Level: ab 3 Jahre 24ページ 約700語


以前ご紹介した「Entdecke die Natur」と同じシリーズです。

病院にまつわる事柄について、図解で分かりやすく説明してあります。

・病院では誰が何をしているの?
・レントゲンで何が見えるの?
・誰が病院のベットをきれいにするの?

というようにQ&A形式で進んでいきます。
文章自体はちょっと難しい気もしますが
物語のような突飛さはなく
大人なら大体知っている事柄なので、内容は推測し易いと思います。

今回、レントゲンのスペルが「Röntgen」だということを知りました。
Rで始まるのか・・・勝手にLで始まるんだと思い込んでいました。
その上ウムラウトがついているので、カタカナ発音だと通じないですね。

どうりで相方にレントゲンって何度言っても通じなかった訳だ。
(その時はX-Rayでやっと通じた)

今、ちゃんとRöntgenって発音したらちゃんと通じました。
よかった、よかった。

「誰が病院のベットをきれいにするの?」の質問で
シーツやマット、ベット自体の洗浄方法が解説されていて面白いです。
日本でも同じなのかは分かりませんが
ベットは、大きな食器洗い機のような機械に入れて洗うんだそうですよ。

へぇ〜(古い?)

ConniちゃんElmoに続き、病院関連本のご紹介でした。