Schwarzer Kater Nimmersatt

  • 2010/02/08(月) 00:06:52

Schwarzer Kater Nimmsatt

Schwarzer Kater Nimmersatt
Inga Moore 作・絵
ISBN:978-3885477754
Coppenrath Verlag

Level ab 4 Jahre 約370語

 黒猫のNimmersattはそれぞれの家の飼い猫のふりをして
 6軒の家からそれぞれご飯をもらっている。ある日Nimmersattが病気に
 なったことで住人達に秘密ががばれてしまい・・・

したたかな黒猫Nimmersattの2重ならぬ6重生活のお話です。
相方によると「Nimmersatt」とは「大食いでいつもお腹がすいている」
という意味だそうです。

6軒の家ではそれぞれ違う名前を持ち
それぞれ違う性格で振舞っているNimmersatt

ここの住人達は互いに交流が無いので
Nimmersattが自分だけの猫だと信じて疑いません。

自分を演じ分ける生活は、それはそれはストレスフルなのですが
6度のご飯にはかえられません(笑)

ところが、それぞれの飼い主に病院に連れて行かれたことで
Nimmersattが6重生活をしていたことがばれてしまい

なんとご飯が1日1回に!!!
ショーック!!

そんな生活には耐えられないNimmersatt
よその通りに居を移します。

そこでも6軒の家を見つけ
6回のご飯をゲット!

しかし、ここの住人は仲良しで
Nimmersattが6軒の家を回っていることはバレバレ(笑)

でも、それを知ってもなおNimmersattに6度のご飯をあげる
皆さんなのでした〜。(きょうのわんこ風に)

・・・Nimmersattの健康を考えたら、1度のご飯の方がいい様な気もしますが
本人が幸せなのでいいんでしょう(笑)

こちらの本は20年前に出版され
現在は残念ながら廃版となっているようです。

オリジナルの題名は「Six Dinner Sid」イギリスの絵本です。

語数は少なめ。その分絵が多くを語っていて絵本らしい絵本です。
色鉛筆で描かれた絵がとても素敵

特にNimmersattのしぐさや表情が上手く描かれています。

英語版でもドイツ語版でも
もし図書館等で見かけることがあれば、是非手にとって見てください。

昨日に引き続き、ネコ本のご紹介でした〜