Kasimir pflanzt weiße Bohnen

  • 2010/01/31(日) 00:41:24

Kasimir pflanzt weiße Bohnen

Kasimir pflanzt weiße Bohnen
Lars Klinting 作・絵
9,99ユーロ(日amazon 1,456円)
ISBN:978-3-7891-6773-7
Verlag Friedrich Oetinger

Level ab 4 Jahre 36ページ  約890語(本編640、おまけ250)

窓辺に置いていた鉢植えが枯れてしまったKasimir
次はどの鉢植えにしようか考えていると、Frippeがこぼした豆が
目に入りました。「そうだ!豆を育てよう!」早速2人は準備を始め・・・

以前ご紹介したこともある
何でも出来ちゃうビーバーのKasimirのお話です。

偶然図書館で見つけて借りてきました。

今回は、枯れてしまった鉢植えの後釜として
植木鉢で豆を育てます。

まずは豆を水につけるところから。
小さなFrippeは豆が気になって、夜になっても様子を見ています。
その気持ち分かるわ〜!
私も子供の頃やったことがあります(笑)

次は、必要な道具をおじさんの家から調達します。
植木鉢、支柱もさることながら
底に敷く鉢のかけらまできちんとイラストで紹介してあるのに感心

「Kasimirシリーズ」のいいところは
道具が個別イラストで紹介されているので
知らない単語でも、自然に覚えられることです。
(今回は他の話に比べると、個別イラストが少なめでしたが)

それに、絵が本当に綺麗なのでいつも感心します。

豆を植えてから丸1週間が過ぎ
植物を育てるには我慢強くなければいけないと
Frippeは実感しました。
(この間Frippeは毎日水遣り&観察していた)

そして、ついに芽が!!

飛び上がって喜ぶFrippe!

さっそくKasimir達は支柱を立て固定します。
ぐんぐん大きくなるお豆さん達

相当大きくなっているので
窓際においていると部屋に日が射さなくなっているのでは?
と勝手に心配しつつ読み進めます。

そして遂に小さく可愛らしい花が咲き
大きな実をつけました。

早速、KasimirとFrippeは豆をゆでて食べることに。

Kasimirによると塩茹でした豆にバターを一片加えて食べると
美味しいそうですよ。

大満足の二人
実はKasimirはFrippeに内緒にして、庭でも豆を育てていたんですが
それをここで打ち明けます。

明日も新鮮な豆が食べられると分かったFrippeは大喜び。
こういう秘密は大歓迎ですね。
でも、途中で気付きそうなもんだけど(笑)

巻末にKasimirによる豆の育て方講座がついています。

これを読んで、私も豆を育てたくなってきました。
実家では毎年畑で栽培してるんですが
鉢植えは却って新鮮。小学生の頃を思い出します。
春になったら挑戦してみようかな。

Kasimirシリーズは子供から大人まで
安心して楽しめると思います。
多読初心者の方にもおススメです。

現在7種類のお話がでているようです。
オリジナルは英語なので英語多読をされている方は
読み比べてみるのも良いかもしれませんね。

現在日本のamazonで購入可能なKasimirシリーズ
Kasimir tischlert
Kasimir näht
Kasimir Backt
Kasimir pflanzt weisse Bohnen
Kasimir malt
Kasimir lässt Frippe machen
Kasimir hat einen Platten

この中では現在4種類読んでいます。
どれも面白いですが
読んだ中では「Kasimir backt」が個別イラストも多く
ケーキのレシピもついているので活用しやすいかな?

それと書店でざっと目を通しただけですが
「Kasimir hat einen Platten」はパンク修理の仕方が
詳細に描かれているので、自転車に乗られている方には
とても分かりやすいかと思います。

楽しく読んで、生活に取り入れることができるのも
このシリーズの良い所ですね。