Der kleine Nick

  • 2009/12/10(木) 17:27:52

nick

Der kleine Nick
René Goscinny 著 Jean-Jacques Sempé 絵
ISBN 978-3-257-23540-1
Diogenes Verlag

Level:ab 8 Jahre 約32,000語(1話あたり約1,800語)

 僕は家出することにした!居間の新しい絨毯にインクを撒き散らしただけで
 ママはひどく怒ったんだ!大事なおもちゃと貯金箱、それとチョコレートを
 持って僕は通りに飛び出した。可哀想なパパとママ!とっても悲しむに違いない。

フランスの「Le petit Nicolas」のドイツ語翻訳版です。
ドイツでも人気がある様で、沢山のシリーズが出ています。
生誕50周年だかのPOPが付いてた気がする…
こちらはNickのシリーズ一覧です。

私が持っているのは写真と同じペーペーバックで、約180ページに18話入っています。
1話あたり10頁(分かりやすっ)の分量なので、飽きずに楽しく読めます。

ハードカバーの体裁を採っているタイプもあって
そちらは挿絵がフルカラーで可愛いです。が、お値段2倍…
安いペーパーバックで十分かと。小さいので持ち運びし易いし。
通勤途中に気軽に読めるのはポイント高いと思います。

学校でのどたばたやバカンス、犬を拾ってきた等、色々なお話がありますが
特にNickが家出をする話は秀逸で、読みながら顔がほころんでしまいました。
小さい子供ってこんな発想するよね〜!って感じで微笑ましいです。

文中、本来別の単語を使う場面で「wie」を多用しているので
「wie」ってオールマイティに使えるのかな?と思い
相方に訊ねてみたところ、子供が良く使う口語表現とのこと。
小さな子供は何でもかんでも「wie」で表現するそうな。

内容、分量、値段、大きさ
どれをとっても満足な本です。

かなりおススメ!

※本のタイトルをクリックするとアマゾンで詳細が見られます。

既に一年がっ・・・!

  • 2009/12/10(木) 00:54:04

うひ〜。
前回の更新から既に1年以上経っている!!
こんなに放置していても削除されないんだな…感心感心。

実は今年の春からドイツに移住しております。
未だドイツ語は初級レベルという体たらく(涙)

ドイツ語の本を好きなだけ読める環境になったのは良いのですが
そうなると意外と読まなくなっちゃったりして
さっぱり多読が進んでおりません!

更新を期に、心を入れ替えようではありませんか!(多分)
と言う訳で現在読み散らかしている本の紹介を。

momo
「Momo」
nick

「Der kleine Nick」

「Nick Nase」

言わずと知れた、ミヒャエル・エンデの「Momo」
正直、今の自分には難易度が高いのですが
なんとなく分かる感じがするので
就寝前に数ページずつ読んでいます。
相方が朗読CDをプレゼントしてくれたのでそちらも聞いています。

「Der kleine Nick」のシリーズはおススメ!
8ユーロ弱から手に入ります。
短編が沢山入っていてどれも楽しいです。

「Nick Nase」はかなりご無沙汰していたので
昨日久しぶりに未読部分を読んでみました。
以前よりも理解度が上がっていたのでビックリ。
って、語学学校に通っているのに理解度が上がってなかったら
どうするんだ、オイ。

改めて読んでみて思ったけど、Nick Naseは自分にはイマイチかも。
あ、でもまだ2編残っているので読み通すつもりです。
もっとワクワクする事件に出会ってくれ、Nick!

相方は「Jim Knopf und Lukas der Lokomotivführer」を
薦めてくれていますが、難しくて途中で断念…



「Jim Knopf und Lukas der Lokomotivführer」

相当面白いらしいので、Momoを読み終えたら
再度チャレンジしてみたいと思います。