Die Zugmaus

  • 2009/12/30(水) 20:12:48

Die Zugmaus

Die Zugmaus
Uwe Timm 著、Tatjana Hauptmann 絵
ISBN 978-3-257-00897-5
Diogenes Verlag

Level: ab 7 - 9 Jahre   約16,470語

 アパートの立替で、住みかを追われたネズミ一家。
 仕方なく食料を求めて駅に出入りしていたMausebieberは
 ある日、もぐりこんだ列車で眠り込んでしまい・・・

児童文学も数多く手掛けている、Uwe Timmの作品です。
実は、2年程前にプレゼントされていたんですが
当時の私には難しくて、数ページ読んでほったらかしにしていました。

再チャレンジの今回は、なんとかテンポ良く読み終えることが出来ました。
う、嬉しい・・・!

主人公のMausebiber(本名はStefan)は
以前の住みかでいつも一緒だった、親切なプードルのIsegrimmや
敵対していた年寄り猫のCarlo
旅の途中で出会った、スイス・ドイツ語を喋るWilhelm
フランスネズミのPierre等々、色々な動物との出会いと別れを繰り返しながら旅を続けていきます。

内容はそれほど難しくはないのですが
Wilhelmの台詞がスイス・ドイツ語で書かれているので推測するのが大変でした。
字面でなんとなく予想できるものの
どうしても気になる箇所は、相方に標準ドイツ語に直してもらって乗り切りました。

少しですが、フランス語と北部ドイツの方言も出てきます。

きっとドイツの子供たちも「これってなんて書いてあるの?」と
親御さんに聞きながら読んでいるんだろうな。

個人的に気になったのは
「なぜスイスチーズに穴が開いているのか?」という疑問に対する
Isegrimmの答え。

子供の頃、トム&ジェリーに出てくる穴あきチーズが
美味しそうに見えてたまらなかった私は
ものすごく真剣にこの箇所を読みました(笑)

日本のチーズって穴が無いですよね?
でも、こっちのチーズって、トム&ジェリーのチーズと同じで
穴が開いてるんですよ!
初めて見た時、年甲斐もなく興奮しました。

で、Isegrimmの答えですが、気になる方は下の「おまけ」を
読んでみてください。

私が持っているのは写真のハードカバー版ですが
ペーパーバック版も勿論出ています。
どちらも日本のアマゾンで購入可
ハードカバー版
ペーパーバック版

ハードカバー版はちょっと高いですが
本の左端の赤い部分が布張りで、背表紙にタイトルが金の箔押しで
入っています。外国の本って感じの装丁で素敵ですよ。


おまけ

続きを読む

Wer früher stirbt, ist länger tot

  • 2009/12/28(月) 20:15:12

Wer früher stirbt, ist länger tot

Wer früher stirbt, ist länger tot


 ある日、誤って家のウサギを死なせてしまったSebastian。
 怒った兄は、母親がSebastianの誕生時に死んだことを告げなじってしまう。
 それ以来、Sebastianは「死」について思い悩むようになり・・・
 
 
たまにはドイツ映画の紹介を。
今よりも更にドイツ語がちんぷんかんぷんだった頃(2年前)に
観ても楽しめたので、力一杯おススメしておきます。

タイトル長いですね。
直訳すると「早く死んだ人は長く死んでる」
みたいな感じだと思います。

私の書いたあらすじだと、物凄く暗い話のように見えてしまいますが
実際の内容はコメディタッチで、思わず笑ってしまうシーン多数

見所は沢山有るのですが、ネタばれになるのもアレなので
トレーラーに登場しているシーンのみ紹介します。

友達のおばあさんに外の空気を吸わせようとした結果
ベットごと坂を転がり落ちてしまうシーンや

大人連中に吹き込まれたエッチな台詞を、先生に対して言ってしまうシーン

恋のおまじないが原因で父親と担任の先生が・・・!等々
色々と盛り沢山です。

勿論、笑いだけではなくて、シリアスな要素も含まれています。
あ、あと最初の方に軽いグロありですのでご注意
でも対象年齢6歳からの映画なので大丈夫だと思いますが。

機会があれば是非観て頂きたいです。
これは本当におススメ!
公式サイトからトレーラーが見られるのでどうぞ!

ドイツ映画って、意外とドイツ語字幕が付いていないものが多いんですが
これはちゃんと字幕付きなので安心です。

皆さんバイエリッシュ(南部ドイツの方言)で喋っているので
他地方のドイツ人向け字幕かもね。とは相方の弁(バイエルン出身)

そうなのか・・・どうりで輪をかけて聞き取りづらいと思ったよ。
そんな中、私の覚えている数少ないバイエリッシュ(すべて悪態)は
ばっちり聞き取れたので満足です。

独アマゾンだと780円くらいで購入できるみたいですね。
送料の方が遥かに高いのが悩ましい。


Der Wind in den Weidenを読んでみる

  • 2009/12/27(日) 02:19:46

Der Wind in den Weiden

Der Wind in den Weiden


先日紹介したコヤツをちょびっとだけ読んでみました。

・・・


・・・


・・・ものすごく難しいんですけど!!(涙)

なんとな〜くは分かるんですが
レトリックが多くて、もやもやしまくりです!
とりあえず、端役ででてきたウサギがアホだというのは分かりました。(笑)

懐かしさから一緒に読んでいた相方も
「こりゃ(お前には)難しいや」と言ってました。

平行して読んでいる「Momo」の方が明らかに分かりやすいです。
ミヒャエル・エンデは、意図的に簡易な文体で表現をしている
とのことなので(相方の受け売り)
当然といえば当然なのかも。

まあ、難しいけど面白そうではあるので
ちまちま読んでいこうと思います。

そう言えば、この挿絵を描いてる方って
クマのプーさんの挿絵を手がけている方なんですね。

どこかで見たことあるタッチだなとは思っていたんですが
巻末の解説を見て納得しました。

重ねがさね言いますが、モグラの絵が何とも言えずイカしてます。
挿絵を眺めるだけでも楽しいです。

えーと、今回読んだのは6.5ページ、約2,600語程です。

読み終わるのはいつになることやら…
頑張れ自分!



Entdecke die Natur

  • 2009/12/26(土) 00:27:31

Entdecke die Natur

Entdecke die Natur
Sabine von der Decken 著、Anne Ebert 絵
ISBN:978-3-551-05780-8
Pixi-Bücher

Level: ab 3 Jahren   約990語

字数の多さに惹かれて購入しました(笑)
質疑応答形式で、自然に関する知識を得られるように作ってあります。

くもの巣の張り方とか、森の中でコツンコツン音を出してるのは誰?
海に住んでいるのは魚だけなの?等
緻密なイラストを使って説明してあります。

対象年齢3歳からになっていますが
これは読み聞かせる場合についての話で
内容自体は他のPixiに比べて難しく感じました。
なんせ語数が多いので。

Pixiは8冊1まとめで出版されているので
この「Entdecke die Natur」の他に
あと7冊の「Entdecke」本が出ています。

駅、車、農場、建設、消防、病院、警察と種類があるみたいですが
まだ全部は見つけられていません。
男の子が好きそうなジャンルが多いですね。

童話が苦手な方向きかな?

他のシリーズが手に入ったら紹介したいと思います。

個人的には、アサリのイラストを見て
無性にアサリの酒蒸しが食べたくなってしまいました(涙)
罪な本だ…


Elmo und die Babysitterin

  • 2009/12/25(金) 00:23:14

Elmo und die Babysitterin

Elmo und die Babysitterin
Sarah Albee 著、Tom Brannon 絵
ISBN:978-3-551-05781-5
Pixi-Bücher

Level: ab 3 Jahren 約340語

 今晩、パパとママはコンサートへお出掛け。
 Elmoの為にべビーシッターのEmmaが来てくれました。
 でもやっぱりパパとママにいて欲しいElmoは…

絵が可愛い〜(*^_^*)

今まで「ベビーシッター」と言う仕事に対して
子供と一緒に遊んで、家人の帰りを待つという
単純なイメージを持っていたんですが
これを読んで認識を改めました。
当たり前ですが、子供の気持ちを読み取れないと無理ですね〜

両親恋しさから来るElmoの仮病やその他の振る舞いにも
Emmaが優しく対応しています。

彼女の様に素敵なシッターさんだったら
親御さんも安心ですね。

気になった点は
パパ、ママ、Emmaが服を着てるのに
Elmoだけ全裸なこと(笑)

そもそも、セサミストリートのキャラクターって
毛皮があるから、ほとんど服着てませんよね。
なんで皆服着てるんだろう?
大人は着なきゃダメなの?

そしてEmmaと楽しく遊んだ後
なぜか寝巻きを着て(!)おやすみするElmo

可笑しくないかそれ(笑)
今まで全裸だったのに、寝る時だけ服着るなんて〜!