Freunde fürs Leben

  • 2010/09/24(金) 23:53:29

Freunde fürs Leben
Freunde fürs Leben
Charles M. Schulz 著
5,95ユーロ (日amazon 601円)
ISBN:9783551732163
2009年7月発行/ハードカバー
Carsen Verlag
PEANUTSのページ

Level:  ab  8  Jahre  100ページ  約3,350語


前回のLinus本に味をしめて、今回はこちらをチョイス。
タイトルの通り、「友達」がテーマです。
友達がいないとウジウジ思い悩むCharlie Brownや
SnoopyとWoodstockの友情等が収録されています。

やっぱりこの本も、すごく難しい箇所があったりして
全てを理解することはできませんでしたが
雰囲気を楽しめたからOK
みんな可愛いなあ。


※ここから下はちょっと愚痴になるので注意

続きを読む

Linus und die PEANUTS

  • 2010/09/19(日) 17:57:23

Linus und die PEANUTS
Linus und die Peanuts
Charles M. Schulz 著
5,95ユーロ (日amazon 720円)
ISBN:978-3551732149
2006年12月発行(3刷)/ハードカバー
Carlsen Verlag
PEANUTSのページ

Level:  ab  8  Jahre   100ページ  約3,960語


スヌーピーで誰もがおなじみのPEANUTSから
Linusのエピソードを集めた1冊です。
他に、Charlie BrownやSnoopy、Lucyのバージョンも出ています。
個人的にLinusが一番好きなので今回はこちらをチョイス

通っている図書館の児童書コーナーが、改修工事の為閉鎖されていて
申し訳程度の仮コーナーが、隅っこに作ってあるんですが
本の配置が変わった為、今まで目にすることのなかった本やDVDと
対面することができました。
この本もその恩恵に与った1冊です。

PEANUTSのお話は、基本的に4コマ展開なので
話の流れで意味を推測するのが難しい箇所もありました。
そしてLinusらしく理屈をこねてる箇所よりも
ものすごく簡単な言葉を使ってる場面のほうが難しい!

例えば「UND ZWAR AUF MEINE ART !!」
この台詞、状況から「僕はできるんだ!!」みたいな意味かな?と
なんとなく言いたいことは分かるのですが
いまいちスッキリせずにもやもや・・・

あと、すべて大文字で書かれているので
読み慣れていない私は字を追うのに苦労しました。

まあ、そんなことは全て置いておいて
面白かった〜♪
やっぱりLinus可愛いです。
安心毛布をスヌーピーのジャケットにされちゃうお話とかたまりません。
サリーが惚れるのもわかるわ〜

今までお願いする時の表現って「bitte」しか知らなかったんですが
更に意味の強くなる「Ich flehe dich an.」という表現を覚えました。
懇願するって感じなのかな?
ちなみに、Linusがスヌーピーに毛布を返してくれとお願いするシーンです(笑)

息抜きのつもりで読んだんですが、色々と勉強になりました。
他のシリーズも借りてみようと思います。

PETZI bei den Pyramieden

  • 2010/01/11(月) 23:08:21

PETZI bei den Pyramieden

PETZI bei den Pyramieden
Vilhelm Hansen, Carla Hansen 作・絵
ISBN:978-3551737250
CARLSEN Verlag

Level: ab 5 Jahre 32ページ(語数はまだ数えていません)

 Petziと仲間達は、MARY号に乗って冒険の旅へ!
 途中、泣いているヒョウの女の子に出会い
 いなくなった彼女の友達を探すことに・・・

昨日に引き続き、「PETZI」のご紹介を。
こちらは定番の長編(?)です。

特に目的もなく船旅をはじめたPetzi達
わが子が航海に出るというのに
Petziのママはまったく心配していません(笑)
おおらかだなあ。

途中、明かりが消えている灯台にぶつかってしまったMARY号ですが
明かりが消えていた原因は、灯台守がマッチをきらしちゃったから。
この灯台、普通のランプの明かりを使っています(笑)
しかも1台しかないし。
そんなんでいいのか?

灯台守のおじさんも、マッチが無くて火がつけられないからって
あきらめて居眠りすんなよ!

その後、今回のヒロイン(?)ヒョウの女の子「Fleck」に付き合って
皆で行方不明の友達を探します。
その辺りを探すのかと思いきや、船にのって航海しながら友人を探すことに!

ついにピラミッドまできてしまいました(笑)

ピラミッドになぜか住人がいて、Petzi達を迎え入れてくれます。
ミイラを見て花を供えようとしますが、なかったのでチョコレートを。

そして、ピラミッドの頂上で泣いているカバが!
しかもそいつがFleckの友人でした!

・・・いろんな意味で怒涛の展開です。

友人が見つかった後も旅は続きます。
ハチャメチャな内容ですが、結構面白かったですよ。
話を追うだけでなく、コマの隅っこに描かれている
キャラクターの行動を眺めるのも◎

冒頭に、マーマレードを頭からかぶってしまったウサギを
Seebärさんが助けてあげるシーンがあるんですが
勿論、ウサギに嫉妬しましたよ。ええ。

コミックなので、絵本よりもかなり分かりやすいと思います。
ドイツ語初心者におススメ。


Petzi geht baden

  • 2010/01/10(日) 19:07:22

Petzi gehr baden

PETZI geht baden
Vilhelm Hansen, Carla Hansen 作・絵
ISBN:978-3-551-73755-7
CARLSEN Verlag

Level: ab 5 Jahre 約1,400語

クマのPetziと仲間達を描いたコミックシリーズの1冊です。
何冊か「PETZI」の単行本(Pixi-Bücherとは別)を持っていますが
これは4コマ風味の短編が収録されています。

私が持っている他の「PETZI」は1冊1話(冒険物の長編)の体裁なので
この「〜geht baden」はちょっと異色かも。

ひとつのお話が20〜100語くらいなので(絵だけのものもアリ)
多読を始めたばかりの方に向いていると思います。

単語が分からなくても、絵を見れば内容が推測できますし
どれもちゃんとオチがついているので、面白いです。

私の愛するSeebärさんもバッチリ登場しているので◎

Seebärさん
明らかに見た目がオッサンなのに、Petziと一緒に学校で
勉強している場面があるのが謎

残念ながら独・日amazonとも現在取り扱っていません。
※版元のCARLSENや書店で取り寄せすれば購入可

もし、書店で見かけたら立ち読みしてみてください。
独amazonでも中身が少し見られます。
リンクはこちら。写真が小さすぎて字が読めないのが痛いですが・・・

ちなみに長編ではないからか、独amazonの評価が物凄く低いです(笑)
ドイツ語初学習者にはいいと思うんですけどね〜。

まあ、同じ値段(3,99ユーロ)なら長編の方がお得かなとは思います。
私も最初読んだ時ガッカリしましたもん(笑)←中身を見ずに買った

明日は長編のPETZIを紹介したいと思います。